ニキビ跡 化粧水 市販 おすすめ

MENU

消す、治す・・・ニキビ跡に悩んでいる方へ

消す、治す・・・ニキビ跡に悩んでいる方へ

 

いつか治るだろうと放っておいたニキビ跡・・・。その結果、結局治らずに赤みやクレーターがそのままになっているという方も多いようです

 

男性はメイクをしないため一目瞭然なのですが、女性はメイクで隠れているので一見ニキビ跡が分かりません。しかし、実はメイクを落とすとニキビ跡がたくさん残っている・・・という方もいらっしゃいます。

 

テレビに出ている芸能人でニキビ跡がひどいという方はあまりいない気がしませんか?
芸能人の場合はテレビに出演する際、男性はドーランを塗ることもありますし、女性もメイクさんがきちんとメイクをしてくれるために目立たないだけなんです。
実は、芸能人の中にもニキビの跡に悩む方も多くいらっしゃいます。

 

ですから、ニキビ跡を消すこと、治すことを考えている方は実は意外と多いのです。
ニキビ跡で悩んでいるのはあなただけじゃないという事をまず知ってほしいのです。

 

こちらのサイトは、ニキビ跡に悩んでいる全ての方に読んでいただきたいような内容になります。

 

赤みやクレーターなどを治す方法、ニキビ跡への効果が期待できる化粧水や美容液についてもご紹介していきますので参考になさって下さい。

化粧水や美容液などで改善するニキビ跡、改善しないニキビ跡

はじめにお話ししたいのは、ニキビ跡には改善可能なニキビ跡、改善不可能なニキビ跡があるという点です。

 

改善ができないニキビ跡もあるの・・・?
と驚かれた方もいらっしゃるでしょう。

 

当サイトはニキビ跡の改善に対して真剣にお考えの方を対象としておりますので、安易にどんなニキビ跡でも改善できる!などという間違った情報を記載するようなことは致しません。

 

最初に、ご自分のニキビ跡が化粧水、美容液などによって改善可能なものなのかそうでないものなのかをチェックしてみて下さい。

 

それからあと一つ。
当サイトを閲覧いただいている方たちと当サイトの信頼関係を築くうえで最初にお伝えしておきたいのは、当サイトが、よくネット上などで見かけるニキビに効く薬などを売るだけが目的の広告サイトとは違うという事です。

 

◇改善可能なニキビ跡とは
改善可能なニキビ跡は、クレーター状になっていないもので、シミやほくろのような薄い茶色に色素沈着している状態のものです。この状態なら、化粧水、美容液で改善できる可能性があります。
これをそのままにしておくと、本来人間が持つ自然治癒能力でクレーター状へと変化していってしまう可能性があります。そのため、早めの処置が必要でしょう。

 

◇改善不可能なニキビ跡とは
ニキビ跡がすでに凸凹のクレーター状になってしまっている場合、化粧水、美容液を使って改善することは難しいのが現実です。
もし「クレーターに効く」などと謳っている化粧品があるならば、その商品はあまり信頼できるものではない可能性があります。
クレーター状のニキビ跡を治す場合は、美容専門の症状を扱ってくれる皮膚科などでレーザー治療、ピーリング治療などを行うのが望ましいようです。
赤みが引いたクレーター状のニキビ跡があるという方は、美容皮膚科などで治療することを検討するのがベターだと言えるのではないでしょうか。

改善可能なニキビを治す方法は?

改善できる可能性があるニキビ跡は、どのように治すのでしょうか。

 

ニキビ跡が茶色いシミ状の色素沈着になっている方は、美白美容液や、保湿効果に優れた化粧水などを使うのが良いでしょう。

 

色素沈着ではなく赤みが残るようなニキビ跡でも、同じような方法で治すのが効果的です。

 

しかし、このような美容液、化粧水を使ったからと言ってすぐにニキビ跡が改善するわけではありません。
普段のお手入れのステップの中にニキビ跡に効く美容液、化粧水を取り入れていくことになります。

 

コツコツと根気よくお手入れをしていくことで、悪化しつつあるお肌の状態を改善へと導き、少しずつ治すというイメージで頑張っていきましょう。

 

もちろん、お手入れのみならず毎日の食事、睡眠なども大事になって来ます。ニキビ跡の改善のために、意識してみて下さい。

 

睡眠はただ長くとるだけではなく、午後10時から午前2時のゴールデンタイムにしっかり眠るようにしましょう。
そして、食事では脂っこい食べ物をなるべく控えましょう。

ニキビ跡の間違った治療法とは?

ニキビ治療の第一歩は、まずご自分がどのような症状で、それにはどんな治療の方法が良いのかを知ることに始まります。
ニキビの治療法には様々ありますから、ご自分の症状に合わないものを実行しないように注意しましょう。

 

ニキビの治療に限ったことではなく、様々な症状において、自分の状態とそれに合った治療法を把握しておくことは大事なのです。

 

ニキビ跡の症状には、次のようなものがあります。

 

・赤み
「田舎者っぽい」などと表現されてしまう頬の赤み。それと似たような状態で、口の周りなどが赤い方を見かける機会もあるのではないでしょうか。
ここでいう赤みとは、そういった状態を指します。

 

・色素沈着
先ほどご説明した赤みが引いてきて、茶色く変化して肌になじむような状態になってきたものを指します。
赤みの状態よりも、症状は進行しています。

 

・クレーター
肌から赤みが引き、肌表面に凹凸が出来た状態を指します。

 

・ケロイド
壊れた毛穴を治すために本来持つ治癒力が暴走してしまい、毛穴を破壊した状態の事。「ただれ」という状態だと思って頂ければ分かりやすいと思います。

 

先ほどもお伝えしたように、上記のそれぞれの状態を見極め、意識したうえでニキビ跡の改善や治療などに取り組んで下さい。

ニキビと洗顔方法の関係は?

ニキビと洗顔方法の関係は?

 

ニキビと洗顔には深い関係があります。

 

洗顔は、ただ顔を洗えば良いというものでもありません。
実は、洗い方でお肌がだいぶ変わってくるという事を御存知でしょうか。

 

あなたはどのような方法で洗顔をしているでしょうか。

 

男性の場合、とにかく汚れを落としたくてごしごしと洗う。
女性の場合はメイクをしっかり落としたくてごしごしと洗う、という方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

しかし、この方法は実は間違いなのです。

 

顔のお肌はとても繊細なものなので、ごしごし洗うのは良くありません。

 

例えば、テレビやパソコンなどの画面の汚れを落とす時のことを想像してみて下さい。ふきんのようなものでごしごし拭くような事はしないという方が大半ではないでしょうか。画面が傷つかないように、布などで優しく拭きますよね。

 

洗顔も、そのような感じで優しくしなければならないという事を頭に入れておいてください。
せっかく洗顔をしても、逆にお肌を傷つけてしまっているという方も意外に多いのですよ。
ですから、まず洗顔方法を見直すだけでもお肌の状態は改善していくでしょう。

ニキビ跡に有効な化粧水の選び方は?

先ほどもお伝えした通り、広告などで「ニキビ跡に効果がある」などと謳われている化粧水を選べば良いというわけではありません。ご自分のニキビ跡がどんな状態なのかを見極めることが先決です。

 

ニキビ跡がどんな状態か、どんな治療薬なら効果的なのかを把握したうえで、化粧水、美容液なども選んでいきましょう。

 

それだけではなく、生活習慣などについても改善しなければならない部分はきちんと改善するように心がけ、ニキビ跡を治すんだ!消すんだ!という強い意志を持ちましょう。

 

当サイトでは、ニキビ跡の症状に合った美容液をご紹介していきます。ぜひそちらの方も参考になさって下さいね。

おすすめサイト